« 曽爾村 | トップページ | ミアズブレッド8月 »

2010年8月22日 (日)

ボストン美術館展

残り1週間で終了のギリギリセーフで行ってきました
京都市美術館で開催されている、
『ボストン美術館展 西洋絵画の巨匠たち』
006
館内で少し待ったりしたけど予想よりは空いてた感じ。
レンブラント、ミレー、モネ、ルノワール、ピカソ、コロー・・・名の知れた画家の作品がたくさんで目移りしながらゆっくり楽しみました。
個人的にはドガやゴッホの絵が印象に残ったかな。
今回ポスターにもなってたモネのお母さんと子供の明るい絵も幸せな感じで好き。

今回は息子と二人でのデート
先月はパパと訪れ今回は私となので息子は2回目。
息子の絵画をみる基準はどれだけ写真と見間違えるほど正確に描かれているか、なのでレンブラントの肖像画の前では誉めたたえ(←えらそう)あいまいなタッチの絵には「これイマイチやで!」という始末。でもさすがにゴッホの絵の前では「これなんかかっこいいなぁ」と言ってましたが。
お姉ちゃんは結局連れてきてあげられなかったから残念だったね。l

004
それにしても京都の夏も暑いっ
帰りの涼しい電車の中では爆睡でした

« 曽爾村 | トップページ | ミアズブレッド8月 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

京都も暑いやろうね。
美術館は、自分なりに何か感じてくれたらいいよね!
夏休み中やし 人が多いのかと思ったけど そぅでもなかったんやね。ゆっくり見れたんやろね!
電車の冷房、扉が開閉するし、冷えすぎずちょうどいいわ。

息子とデートっていいなぁ。憧れるわ。一緒に美術館行ってくれる息子って、自慢できるよ。
うちの娘も、写真みたいに描かれた王侯貴族の絵画に感心します。これ写真ちゃうの~って言いながら。
先日行ったMichael Jacksonの公式展で王侯貴族のように描かれたマイケルの絵画が展示してあって、こういうことするからマイケルって誤解されるんだな…と改めて思ったよ。

makiさん、こんばんは
夏休みでも平日だったからマシだったのかも。義母は閉館1時間前の夕方を狙って行ったので空いてたし外の日差しも強烈すぎることなくよかった~と言ってました。

電車では相変わらず熟睡よ。
座って数分で眠りにつけるわ

yoriさん、こんばんは
息子の場合は美術館に行くこと自体よりも道中に電車に乗ることのほうが楽しみみたいなんだけどね
電車の中では寝ない息子だからいつも降車駅に近づくと起こしてくれるので助かるよ。
子供の絵画を見る目って面白いよね。
思ったままを私に言うから周りにいる人によく見られるよ

そうやわ。うちの長男もリアルな絵画がスキで、「めっちゃ上手い!!」ってはしゃぐけど、ちょっと???な絵に対しては、「コレやったら僕も画家になれるで~」とか言ったりしてます。
我が家は電車にもあまり興味がないので、もっと喜んでほしいです!

りんごさん、こんにちは
あ~そうそう「これよりもっと上手に描けるし~」とかもよく言うわ
館内でもあんまり大きな声で感想言わんといてって言い聞かせてるよ。
電車は奥が深いからね、飽きたりすることもなそさうだよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボストン美術館展:

« 曽爾村 | トップページ | ミアズブレッド8月 »