« 真似る | トップページ | 転塾 »

2010年1月11日 (月)

発表会

春にある娘のピアノの発表会
最近は普段のテキストもバッハ以外は中断して発表会の曲に集中。

今年の曲はショパン「ワルツ 作品64-2」

最初、前回同様譜読みに苦労したけど今はなんとか音はとれるようになったという感じ。これから細かいとこたくさん詰めていかないとね。
この曲はショパンのワルツの中でも特に旋律が哀愁に満ちてて好きいかにもショパンって感じだしこういう涙を誘うような切ない感じがたまりません。それをうちの娘が弾きこなせるか

今更って感じだけど娘が三国志から気持ちが始めて傾いた「のだめ」。
今日は祝日だったのでお友達と「のだめカンタービレ最終楽章 前編」を観に行っていた。
その中でのだめチャンがいつも持ってるバッグが娘のピアノバッグと似てる
003
今はこののだめの影響でやる気の出てる娘・・・のだめと自分とを重ね合わせながらい~い顔して弾いてます

« 真似る | トップページ | 転塾 »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

発表会、春にあるの?楽しみやね(*^_^*)頑張ってね。
うちの長男も、のだめを見せたらもっとやる気が出るかしら・・・?

りんごさん、こんばんは
うちの娘に関しては今のところのだめは多大な影響を与えてるわ!あんな風に弾いてみたいって思うもんね。
発表会は私は出ないし楽しみで聴けるわ

のだめはピアノを弾けない私も娘ちゃんも大好き。
マンガが最終回を迎えて寂しい限りです。
映画も前編は千秋先輩メインの話だから、後編でのだめの話メインになるのが楽しみやね。
玉木君は痩せすぎだけど、指揮者振りが本当に素晴らしく感動しました。

yoriさん、こんばんは
ホント、玉木君細すぎ~
でも毎度毎度あの声にはしびれるよねそれに大きな吸い込まれそうな目に鼻筋の通った鼻。うちのパパさんは生玉木クンを見てるからね。羨ましいっ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 発表会:

« 真似る | トップページ | 転塾 »